受賞者特別インタビュー

ストイックな姿勢と努力でプロの世界に生きる オリックス・バファローズ 糸井嘉男(いとい・よしお)選手/2013年度受賞

恵まれた体格と強肩、俊足を活かし、守備に打撃に活躍を見せるオリックス・バファローズの糸井嘉男選手。今シーズンはリーグトップの打率(2014年9月15日現在)を誇り、躍進の牽引役としての存在感が際立った。プロとしての矜持と、それを裏打ちする地道な練習の日々が、三井ゴールデン・グラブ賞5年連続受賞という快挙を支えている。そんな糸井選手の野球に懸ける想いを聞いた。
(2014年8月19日インタビュー)

LINEで送る

地道な努力の積み重ねが結果を生む

―まずは、昨年2013年度、5年連続5度目となる三井ゴールデン・グラブ賞(以下、三井GG賞)受賞おめでとうございます。

 ありがとうございます。非常に光栄です。

―2014年は、オリックス・バファローズに移籍されて2年目の年。チームは好成績で、クライマックスシリーズが視野に入ってきました。守備はもちろん打率も好調で、チームの主軸としても活躍されていますね。

 個人的には常々“トリプルスリー”(打率3割ホームラン30本30盗塁)を目標に掲げています。守備では自信のある肩の強さだけは誰にも負けたくないですし、返球はすべてノーバウンドで投げたい。常にアグレッシブなプレーを意識しています。

―その身体能力の高さから“超人”とも呼ばれていますね。

 ありがたいことで、その呼び名は結構気に入っています。

―プロとして意識されていることや、印象に残っている出来事はありますか。

写真:糸井嘉男選手

©ORIX Buffaloes

 調子の波を維持するのは難しいものの、この世界で生き残るにはひたすら練習を重ねるしかないと思っています。プロ11年目の今でも、はじめて野手として2軍で出場した試合のことは鮮明に覚えています。結果は5打数1安打。内野安打を1本打つのがやっとでした。「こんなん、よう打たんわ」と、プロの世界に立つことの厳しさを痛感しました。一方で、野球は失敗確率の高いスポーツ。気持ちの切り替えは、パフォーマンスにも大きく影響します。バッターならば10打席中3回打てれば一流打者になるわけですから、常に前向きな姿勢でいることが大切だと思います。

 2006年に投手から外野手へと転向したときも、最初は全然うまくいきませんでした。当時はセンターでしたが、真正面から飛んでくるライナーは距離感をつかむのが難しく、他の選手のバッティング練習で捕球させてもらったりしていました。

―グラブへのこだわりも教えてください。

 毎年、職人さんに手づくりしてもらうのですが、はめてみたときの感触やフィーリングを大切にしています。今年の“彼女”はこれ。革のとてもいい匂いがするんです。

LINEで送る

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業24社が提供しています。