受賞選手特別インタビュー

「失敗したっていい。
ただ、後悔だけはしない」炭谷 銀仁朗選手(埼玉西武ライオンズ/2015年度受賞)

埼玉西武ライオンズ不動の正捕手としてチームを牽引している炭谷選手。節目となるプロ10年目を迎えた2015年シーズンは初のベストナインや、3年ぶり2度目の三井ゴールデン・グラブ賞に輝いた。投手陣をリードするだけでなく、選手会長も務め、常にチームを引っ張り続ける炭谷選手に、守備とそのこだわりについて聞いた。

(2016年8月19日インタビュー)

LINEで送る

「後悔」しないために「準備」を怠らない

―2015年度三井ゴールデン・グラブ賞(以下三井GG賞)受賞、おめでとうございます。チームの守りの要として活躍し、結果を出し続けるために、普段からどのようなことを心掛けていらっしゃいますか。

ありがとうございます。心掛けていることは「準備」ですね。これは僕なりの考え方ですが、失敗はしてもいいと思うんです。失敗は反省すれば次に活かせます。でも、後悔は何にもならない。後悔しないためには準備をするしかないんです。

―守備に関して意識していることはありますか。

捕手として盗塁阻止率にはこだわりがありますが、それよりもランナーを簡単に走らせないことの方が大切だと思っています。僕は守備に関しては負けたくないという意識が強いですし、三井GG賞も毎年受賞できるよう、目標にしています。

写真:炭谷銀仁朗選手

―パ・リーグの捕手で最も多く三井GG賞を受賞しているのは、受賞11回の伊東勤さん(現ロッテ監督)です。伊東さんは炭谷選手がプロ入りした時の西武監督でしたね。

初めて三井GG賞を受賞したときから、伊東さんの記録に少しでも近づきたい一心でプレーしてきました。「伊東選手」を追い越せるようになりたいと思っています。伊東さんには、僕がプロに入ったばかりで、なにもかもわからないときに開幕から使ってくれた恩もあります。そのおかげで、通算1000試合出場もできました。僕はプロ野球においての基礎を、伊東さんに教えていただいたと思っています。

―今まで多くの投手のボールを受けてきたなかで、すごいと思った投手はいますか?

ダルさん(=ダルビッシュ有選手、現レンジャーズ)ですね。僕が初めてオールスターに出場したときにブルペンで投球を受けましたが、衝撃でした。球種はなんでも投げられて、球も速いし、しかもコントロールがいい。僕は普段、打者として対戦するので「早くメジャーリーグに行ってくれないかな」と内心では思っていました(笑)。

―守備全体を見渡す捕手の目から見て、印象的深い守備の名手がいたら教えてください。

たくさんいますが…やっぱり菊池涼介選手(広島)かな。侍ジャパンで同じチームになりましたが、打球に対する勘がすごいですね。打球を捕りに行く一歩目や、打球の方向に回り込む力。どれをとっても素晴らしいですね。

―捕手として投手をリードするなかで、対戦する際に一番苦労する打者はいますか?

何を考えているかわからない野獣系のバッターが一番嫌です(笑)。たとえばマッチさん(=松田宣浩選手、ソフトバンク)や楽天の今江(敏晃)さん。チーム内では浅村(栄斗選手)ですね。打席で「ここに来たら打つ」とか、そういうヤマを張って待っているタイプの打者は嫌です。

LINEで送る

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業が提供しています。