表彰式インタビュー

「プロ野球最高の勲章」10年目で初受賞 読売ジャイアンツ 坂本勇人(さかもと・ゆうと)選手/2016年度受賞

プロ10年目の節目に、初の三井GG賞に輝いた坂本選手。今季は首位打者と最高出塁率の2つのタイトルを獲得。「侍ジャパン」の中心としても活躍が期待されるチームの若き主将に、野球に懸ける思いを聞いた。

(2016年11月29日インタビュー)

LINEで送る

感性を研ぎ澄まし、一球ごとに準備する

―2016年度三井ゴールデン・グラブ賞(以下、三井GG賞)受賞、おめでとうございます。プロ入り10年、節目の年の初受賞となりましたが、受賞のお気持ちを教えてください。

三井GG賞は、プロ野球の世界で最高の勲章のひとつだと思っていました。まさか自分が受賞できるとは思っていなかったので、初めて手にすることができて本当に嬉しいです。

―今シーズンは首位打者・最高出塁率の2つのタイトルも獲得し、攻守にわたり大活躍されました。遊撃手として守備の要も担われているわけですが、守備についてはどんなこだわりをお持ちですか。

守備範囲を広くすることはもちろん、バッターが打つ前の準備を意識しています。キャッチャーの配球やサインを見て守備位置を変えたり、一歩目の意識を強く持ったり。そういう細かいところを強く意識していますし、自分の感性を大事にしています。

―ドラフト1位の高卒ルーキーとして1年目から一軍の出場機会があり、活躍してこられたわけですが、何が守備力向上のきっかけとなったのでしょうか。

プロとして試合に出してもらっているなかで自分のミスでチームに迷惑をかけてはいけないと守備力強化を意識し始めました。2012年1月には元ヤクルトの宮本慎也さんと合同自主トレをさせていただいたのですが、とても大きな経験でした。「新たな発見しかなかった」ですね。キャッチボールの大切さからステップやスローイングのやり方まで、本当に大きく意識が変わりました。また、今シーズンから就任された井端(弘和)コーチは「人と違う」守備のセンスを持っている方で、その指導を受けているということは自分の野球人生にとってすごくプラスなことだと思っています。

写真提供:ベースボール・マガジン社

LINEで送る

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業が提供しています。