甲斐拓也選手表彰式インタビューを公開しました。

三井ゴールデン・グラブ野球教室

選手インタビュー 〜表彰式インタビュー〜

写真:長野 久義(ちょうの ひさよし)選手(2012年度受賞/読売ジャイアンツ)1984年12月6日生まれ。佐賀県出身。小学1年生で地元の野球チームに入部、6年生で主将を務めた。その後も野球を続け、日本大学へ進学。2007年には本田技研工業へ入社し、同社の硬式野球部に所属。読売ジャイアンツへの入団を熱望し、2009年にドラフト1位指名を受けて入団。今年、セ・リーグ最多安打となる173安打を放ち、チームの日本一に貢献した。

三井ゴールデン・グラブ賞 2年連続受賞 強肩を誇る外野手の要

では、意識されていることや気を付けていることは?

写真:長野 久義選手

長野 プレー中の意識としては、単純に“チームに迷惑をかけないように”と考えています。今シーズンも自分のミスで何度か負けてしまった試合がありました。だからこそ、もっと練習を積まなければならないと思っています。チームの中でも自分はまだまだ下手な方です。身近には三井ゴールデン・グラブ賞を獲得されている鈴木(尚広)さんや(高橋)由伸さん、亀井(義行)さんなど、目標となる素晴らしい先輩がいらっしゃいます。先輩方から色々なことを学びながら、さらに成長していきたいです。

日本一と三井ゴールデン・グラブ賞獲得に向かって

卓越した守備もさることながら、打者としても最多安打のタイトルをはじめ、数々の結果を残されています。

長野 シーズン開幕当初は打順が3番でしたが、シーズン中盤から1番へと転向しました。そこで常に考えていたのは、どんな役割を与えられてもそのポジションで最高のパフォーマンスを発揮すること。期待されて任せていただいたからには、絶対に結果を残したいですからね。

あと、原監督からは常々「勝負時に弱い」と言われていたこともあって、前のバッターが塁に出ていたら必ず打点につなげようと意識していました。チームからは勝負強い頼れる存在だと思われたい。敵からは嫌なバッターとして敬遠されたい。打率も大切ですが、打点も自分にとってはとても重要です。

写真:長野 久義選手

走・攻・守、すべてにおいて成果を残された長野さん。最後に今後の目標や抱負、プロ野球選手を目指している子どたちへのメッセージをお願いします。

長野 入団3年目で日本一を経験させていただき、嬉しく思います。来年の目標はもちろん日本一。個人的にはまた三井ゴールデン・グラブ賞を獲得できるよう、打者としても外野手としても結果を残せるよう頑張っていきたいと思います。

そして、未来のプロ野球選手を目指す子どもたちへ。私自身、子どもの頃は体が小さくてご飯を食べるのも嫌いでした。だから、子どもたちにはもっとたくさん食べて大きくなってほしい。そして、今所属しているチームの監督やコーチ、育てて守ってくれているご両親の言うことをしっかりと聞いて、楽しくプレーしてください。

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業24社が提供しています。