2021年度受賞選手が決定! 第50回三井ゴールデン・グラブ賞「三井ゴールデン・グラブレジェンズ」キャンペーン実施中!(12/20(金)15:30締切り)

歴代最強のレジェンドを決めよう!!

三井ゴールデン・グラブ野球教室

受賞選手特別インタビュー

大切にしているのは、試合前の“準備”。日々の積み重ねの中で一歩一歩成長していく 梅野隆太郎選手 (阪神タイガース/2020年度受賞)

2018年から3年連続で三井ゴールデン・グラブ賞を受賞、東京五輪では侍ジャパンのメンバーとして金メダル獲得に貢献するなど、今後ますますの活躍が期待される阪神タイガース・梅野隆太郎選手。今回は、第一線で活躍している梅野選手が常に意識しているという“準備の大切さ”と“夢を叶えるための秘訣”を伺った。

LINEで送る

「キャッチャー」という特別なポジションだからこそ「当たり前を続ける」

— 先日の東京五輪では、侍ジャパンは見事に金メダルを獲得されました。本当におめでとうございます!侍ジャパンの皆さんにとっては、母国開催というプレッシャーの中での戦いだったと思います。五輪を経験してみて、ご自身の感想をお聞かせください。

東京五輪は、結果としては金メダルという最高の形となりました。しかし、その裏では、オリンピックという特殊な舞台で、選手全員がプレッシャーも含めて相当な緊張感を抱いていたと感じます。だからこそ、チーム全員が一丸となり一つひとつの試合に臨みました。その結果として、優勝を勝ち取れたのだと思います。

— 梅野選手は三井ゴールデン・グラブ賞を2018年から3年連続で受賞しています。守備を表彰する本賞について、ご自身の想いを教えてください。また、4年連続受賞に向けての意気込みはいかがでしょうか。

「キャッチャー」という特別なポジションで、こうして3年連続で受賞できているのは、本当に光栄なことだと思います。盗塁阻止率だけでなく、記録には残らないワンバンストップなどのプレーも評価していただけているのは自分としても嬉しいですし、ここまで大きな怪我もなく受賞し続けられているのは、周りの支えがあってこそです。また、キャッチャーは華やかなプレーよりも、ワンバンを止めるなど「当たり前のことを当たり前にすること」が求められます。そうした基本をしっかりこなす日々を積み重ねていくことが4年連続受賞への道だと思います。

梅野隆太郎選手

— 梅野選手が「守備」に関して特にこだわっているポイントは何かありますか。また、キャッチャーとして意識していることについても教えてください。

キャッチャーは、ミスがなくて当然と思われるポジションです。活躍が数字として表れない分、難しいところはありますが、ワイルドピッチなど進塁されれば負けにつながる可能性があるミスを防ぐことも、地味ながら重要な仕事。そうした一球一球に真剣に向き合うことが、チーム全体で勝利をつかむために大切なことだと思っています。自分にできることを地道に続ける姿勢を意識して、日々プレーしています。

— 第一線で継続して活躍し、結果を出し続けるために梅野選手なりの“秘訣”があれば教えてください。

いつ何が起きるかがわからないからこそ、事前の準備が大切です。そのため、日々の練習の中では常に最悪のケースを想定してプレーしています。守備はほんの少しの判断の遅れが失敗につながります。そこで、例えばボールが落ちる位置を予想する時には、さまざまな軌道を瞬時に頭の中で思い描き、それぞれのケースについて対策を考えるなど、すぐに実行に移せる心構えをしておくことが大切です。攻撃も同様で、本番の試合で1点でも多く取れるよう練習中からイメージすることを続けています。

また、身体を使う以上、どうしてもその時々で感覚のズレが生じてしまいます。打席に立つ時はその場に応じてフィーリングを変え、自分がやるべき仕事を着実にこなすことを第一に、チームの勝率を上げられるよう意識しています。チームが勝つことで自分自身の評価にもつながりますし、その分負けた時は悔しいですが勝った時の喜びはもっと大きいです。苦しいことも多いですが、勝利の喜びのために、目の前の試合を一つひとつ最後まで戦い抜くという意識で頑張っています。

LINEで送る

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業が提供しています。