甲斐拓也選手表彰式インタビューを公開しました。

三井ゴールデン・グラブ野球教室

選手インタビュー 〜表彰式インタビュー〜

写真:嶋基宏(しま・もとひろ)選手(2013年度受賞/東北楽天ゴールデンイーグルス)1984年12月13日生まれ。岐阜県出身。小学1年生のときに地元の野球チームに入部し、高校を卒業するまで投手として活躍。國學院大學で肩の強さを見込まれ、捕手へコンバートされる。2006年に大学生・社会人ドラフト3巡目で、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。誠実な人柄も評価され、現在は日本プロ野球選手会会長、日本代表キャプテンも務める。

2013年度 三井ゴールデン・グラブ賞受賞

歴代の名手から学んだ野球道と今後の目標

写真:嶋基宏選手

では、嶋選手が目標とする選手や、印象に残っている守備のスペシャリストを教えていただけますか?

 谷繁(元信)さんに憧れてプロの世界に入り、谷繁さんのようなキャッチャーになりたいと思い、これまで練習を積み重ねてきました。あとは、宮本慎也さん。野球のことだけでなく、人としてこうあるべきといったアドバイスもたくさんいただき、本当にお世話になっています。

今年は例年以上に多くの重要な試合や、緊迫感のある場面を経験されたと思います。そんなときは、嶋選手でも必要以上にプレッシャーを感じたりしますか? また、嶋選手なりの対策や克服法がありましたら、教えてください。

 僕も緊張しますし、足が震えることもあります。けれども、小久保(裕紀)さんに言われたんです。「あらかじめ緊張することを予想し、日頃から緊張して野球をしていれば、いざ大きな舞台に立ったときもあまり緊張しない」と。それを聞いてからは常に、“今日が日本シリーズの試合なんだ”と想定して、わざと緊張するように気持ちを高めて打席や守備に入っていましたね。それでも今年は、緊張して呼吸が速くなる場面が多かったんですが(笑)。

写真:嶋基宏選手

東日本大震災から約2年半が立ちますが、これからの東北について、どう考えていますか?

 東北に本拠地を置く限りは、来年はもちろん、僕が引退した後もずっと、今まで以上に東北6県でさまざまな活動をしなければなりません。そして、東北楽天ゴールデンイーグルスをひとりでも多くの方に応援していただきたいと思います。

では最後に、今後の目標や抱負をお聞かせください。

 2013年同様、2014年もチーム一丸、そしてファンの方々と一緒に日本一を味わえるように、まずは自分がしっかりとプレーしていきますので、応援よろしくお願いします!

写真:古久保 邦彦さん

[聞き手]
三機工業 管理本部 広報部
古久保 邦彦(ふるくぼ くにひこ)さん

「チームのため、復興のために内に秘めた魂で日本中を湧かし、見事“2年前の約束” を果たした嶋選手に、真の男気を感じたインタビューでした」

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業24社が提供しています。