選手インタビュー 特別対談

三井ゴールデン・グラブ賞にかけた誇りと想い 宮本慎也氏 稲葉篤紀氏

ずっと一緒だったヤクルト時代

写真:稲葉篤紀氏

稲葉:ヤクルト時代は、ずっと一緒にいましたよね。

宮本:94年ドラフトの同期の中でも、酒飲めない同士でだいたい一緒にいたね。

稲葉:よく食事に誘っていただきました。鮮明に覚えているのは、日本シリーズのときに僕が風邪をひいて、一緒の部屋だった宮本さんに看病してもらったことですね。

宮本:あの頃は、若手は2人部屋だったからな。

稲葉:布団かけていただいたりとか。すごく心配してもらいましたね。

宮本:稲葉の第一印象は、最初の自主トレでティーバッティングを見たときに「すごいスイングするな」って。

稲葉:僕の宮本さんの第一印象は、やっぱり守備ですね。ヤクルトって守備をすごく重視していたから、シートノックのときとかすごい緊張感がありましたけど、入団したばかりなのに慎也さんはさらりとやってのけてた。すごいなと思いましたね。

宮本:レギュラー取ったのは稲葉のほうが早かったけど、ポジションも違ったから、お互い活躍できたらいいなと純粋に思ってた。意識はするけど、ライバルではないというか。

稲葉:そうですね。僕は、年齢的にも野球人としても、常にリスペクトしてます。慎也さんは、曲がったことが嫌いじゃないですか。

宮本:ハハハ。

稲葉:ちゃんと芯を持ってやってるというか、ダメなとこはダメってはっきりいうし。そういうのは大切だと思います。

宮本:口が過ぎると、いろいろ問題もあるけどね(笑)。

稲葉:オリンピックの予選のとき、試合後すぐに全員を集めて「これじゃダメだ」って一喝したことがあったでしょ。代表なんて一流選手の集まりですよ。それを一喝…あれでチームがグッと引き締まりましたよね。そういう人はなかなかいないですよ。

宮本:そんなこともあったな。稲葉がFA宣言してからは、もう同じユニフォームを着ることはないと思ってたから、一緒に北京五輪に出られたのはうれしかったよ。

稲葉:僕もうれしかったですね。日本代表というのは初めてだったから、日の丸をつけて戦う重みとか、いろいろと教えていただけたことも良かったです。

日ごろの練習と準備が何より大事

写真:宮本慎也氏

稲葉:三井ゴールデン・グラブ賞を取っている選手って、球際に強いという印象がありますよね。最後の最後、抜けるか捕るかっていうところでの強さって、なかなか教えられてできることではないですし、「あきらめない」という精神的な部分も大きいのかな。

宮本:守備で大事なのは「投げる」ことだよね。相手が捕りやすい位置に的確に投げることができない選手は、いくらノックを受けてもうまくはならない。

稲葉:最近の選手は、すぐジャンピングスローとかをしてしまう傾向がありますよね。もう一歩、足を使えばいいところをダイビングキャッチしたりね。少年野球なんかに指導に行くと、それをよく子どもたちが真似してるんです。かっこよくやろうとしてるんでしょうね。悪いことじゃないですけど、ケガにつながるので、捕るのも投げるのも、極力足を使ってほしい。そうすると肩や肘への負担も少ないと思うんですよね。

宮本:プロの選手なら、簡単な打球を派手に見せてアウトにするというのもいいとは思う。ただ、何が一番大切かというと、確実にアウトにするということ。派手なプレーをしようとして雑になって、エラーになるのは本末転倒だよね。

稲葉:僕はずっと宮本さんを見てきたから、ほかの人のプレーが雑に見えることがあるんですよ。宮本さんは、三遊間の深いところでも、しっかり足を使って正面に入って、足を使って投げる。宮本さんとキャッチボールすると、ものすごくきれいな球が来ますもんね。そうすると、僕も同じように返そうと投げ方を考える。すごく大事なことを教わりました。

宮本:無意識にできるようにしないといけないから、日ごろの練習と準備が何より大事だよね。バッターの打球の行方というのは、データはあるけど、その時のバッターやピッチャーの調子とか、風の具合とかいろいろなことに左右される。自分の中で予測ができれば、当然一歩目を早く踏み出せるし慌てることもないから、そのためにも、しっかりと練習して、集められる情報を集めてと、あらゆる準備をしておくことが大事なんじゃないかな。

稲葉:僕自身はすごく考える守備をしてました。ほかの人よりも肩が弱いから「ここは1・2歩前で守ろうか」とか、考えることで補っていこうと。自分自身というのを意識して、ベストなプレーをしようと準備する中で、体が覚えていくんですよね。こうやったらワンバウンドであそこまでいくな、とか。

宮本:まあ、試合に臨むときは、ここに飛んできたらこうしよう、ああしようっていう準備ができてる状態ではあるから、あとは自然体で反応するだけだけどね。

稲葉:宮本さんはもう、アウト取って当たり前ですからね。そういう目で見られちゃってるから、大変ですよね(笑)。

宮本:9回2アウト3塁とかだったら「絶対俺のところに飛んでくるなよ!」って思ってたな。

稲葉:僕も思ってましたね。ヤクルト時代なんかは、神宮球場は風もあるし高いフライが見づらくて、自信がなかったです。

宮本:昔はよく「飛んで来いって思わないからエラーするんだ!」なんて言われたりしたけどね。土が荒れるとイレギュラーにバウンドしたりするから、余計に嫌なんだよな。地方球場だとグラウンドの整備を学生アルバイトがやったりすることもあって、よく「貸せ」ってトンボを取り上げて自分でならしたりしてたよ(笑)。

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業24社が提供しています。