選手インタビュー 特別対談

三井ゴールデン・グラブ賞にかけた誇りと想い 宮本慎也氏 稲葉篤紀氏

ファンへの想い

宮本:稲葉は本当に変わったよね。真面目すぎて人の言うことを聞きすぎるのがヤクルト時代だった。それが日ハム(北海道日本ハムファイターズ)に行って、真面目さは大事にしながら、柔軟さを身に付けたというか、抜いてもいいところは素直に抜けるようになった。それがチームの中での活躍や、多くのタイトルにもつながったんだろうね。

稲葉:やっぱり、チームを変わったのは大きかったですね。あとは、新庄さんとの出会いですかね。若いときは正直、自分のことで精一杯でファンのことを考えられなかった。でも、北海道に行って、新庄さんのファンサービスの姿勢を見て、僕も意識するようになったんです。イニングの間に手を振るとか、あの頃のヤクルトじゃ考えられないことを恐る恐るやって…でもそれが僕の中で気分転換になったというか。自分にとっても良かったんだと思います。札幌ドームでは、稲葉ジャンプも始まって…応援してくれる北海道のファンの暖かさには、本当に感謝しています。

宮本:俺も、ファンのありがたさって、若いときには全然分からなかったんだよね。お金を払って見に来てくれてるんだから一所懸命やらないといけない、くらいは思ってたけど。でも歳を取るにつれて、やっぱりあの打った時の声援とか、ダメな時の「頑張れ」という声とか、ヤジも含めて力になったな。忘れられないのは、引退会見した後の次の試合。神宮球場で、代打でコールされたときの声援は本当にすごくて、今でも耳に残ってるよ。

プロ野球界の将来のために

写真:宮本慎也氏、稲葉篤紀氏

稲葉:最近は、どんなことをしてるんですか?

宮本:野球人口が本当に減ってるから、野球教室のお話とかがあれば積極的に参加するようにしてる。去年からは三井ゴールデン・グラブ野球教室の講師もやってるよ。守備だけでいうと、最近は基本が間違って伝わっていることって多いでしょ。プロに入ってくるような子でも間違って覚えてたりする。三井ゴールデン・グラブ野球教室は指導者を対象にした野球教室なんだけど、指導者に教えることができる場って意外と少ないから、良い取り組みだと思うよ。

稲葉:少年野球とかだと野球の経験がない人がコーチをしているケースもありますし、みんななんとなく自分がやってきた感覚で教えちゃうんですよね。僕もたまに野球教室をやったりしますけど、ちゃんと野球をやってきた人たちが指導者に対して講習をするというのは本当に大事なことだと思います。

宮本:あと、できたらいいなと思っているのが、幼稚園や保育園の訪問。プロスポーツっていうのはレベルが高いからこそ面白いものなのに、競技人口が減っていけば単純にレベルは下がっていくよね。だから、小さい子どもたちになんとか野球に目を向けてもらって、将来の野球人口を増やしたいという気持ちが強いね。日本のプロ野球って、日本の文化と言ってもいいと思う。「野球っていいものなんだよ」ということを伝える場所がたくさんあればうれしいね。

稲葉:僕は、プロ野球ファンをもっともっと増やしたいですね。いろいろなところに行って野球の魅力を伝えて、野球ファンを増やしたいと思っています。大人が野球ファンになれば、子どもと一緒に観に来てくれて、子どもたちも野球をやってみたいと思うようになるかもしれないですし、そういう活動が、僕なりの野球への恩返し、たくさん応援してくれたファンの人たちへの恩返しになればと思っています。

夢を持つ子どもたちへ、アドバイスをいただきました!

プロ野球選手になりたい!

写真

福岡県:
樋口 凜太郎くん(11歳)

宮本:とにかく野球を好きになってほしいですね。野球って1対1のスポーツだし、団体スポーツでもあるんです。だから、1対1の逃げも隠れもできない状況で立ち向かっていく強い心と、仲間と助け合いながらやるという協調性の両方を身に付けてほしいと思います。

稲葉:いろんなスポーツをやるのもいいと思います。僕は中学校の時はバスケットをやってました。サッカー部にも入ってたし、水泳もやってました。いろんなスポーツをして、いろんな筋肉をつけるというのも大事だと思います。

バスケットボール選手になりたい!

写真

神奈川県:
田中 楽玖くん(11歳)

宮本:バスケットボールに限らず、スポーツ選手はやっぱり体が大きいほうが有利。たくさん練習してお腹を空かせて、たくさん食べてください。そうすれば筋力もつきます。今後、日本人選手が本場アメリカで活躍できる可能性も十分にある。英語の勉強もしておいてほしいですね。

稲葉:野球に限らず、世界で活躍する選手は、若いときにいろいろな経験をしていると感じます。時には、失敗することも大事。恥ずかしい思い、悔しい思いをして、いろいろ考えて、少しずつ上達していくと思う。強い心を持って頑張ってください。

お医者さんになりたい!

写真

東京都:
足立 侑女さん(9歳)

宮本:どうしたらその夢を実現できるかをまず考えて、達成できそうな目標を一つひとつ設定するといいと思います。その目標に向けて何をしなければいけないかがはっきりするし、目標を達成するとうれしくて「次も頑張ろう」ってなる。楽しみながら頑張れると思います。

稲葉:野球でもそうなんですけど、遠すぎる目標を立てると、途中で調子が崩れたときなんかに、立て直せなくなる。遠くばかりでも、近くばかりでもいけない。大きな夢をしっかりと見つめながら、小さな目標を少しずつクリアしていってください。

三井ゴールデン・グラブ賞は、三井グループ企業24社が提供しています。